北酸、北陸初の水素ステーション運営担う

北酸(富山市)は、今年中に建設する富山市環境センターの水素ステーションの運営を担う。富山市が所有する設備を市から受託して運営する。水素貯蔵量約436ノーマル立方?の東芝製・水素製造設備を設置し、当面は市所有の燃料電池車や燃料電池ゴミ収集車の水素利用で活用する。北陸初の水素ステーションとなる。敷地内には300キロワットの太陽光発電設備も設置予定。富山県では昨年末に、伏木海陸運送(高岡市)に燃料電池フォークリフトと、北酸と鈴木商館が開発した簡易水素充填機も導入している。北酸はグループの北酸高圧瓦斯に...

詳細ページへ

お勧めの書籍