佐賀県女子溶接競技会開催開く、県内13選手参加し、競う

 溶接女子による競技会が初めて開催された。コロナ禍によりさまざまなイベントや行事が中止・延期となる溶接界にあって、参加した13人の溶接女子たちの奮闘は明るい話題となった。激励に訪れた山口祥義佐賀県知事は「皆さんが踏み出した最初の一歩は大きな意義を持つ。これからも、ものづくりや溶接分野で活躍していただきたい」とエールを贈り、佐賀県溶接協会の森孝一理事長も「溶接はものづくりの基盤技術。溶接をもっと知っていただき、興味を持っていただくためにも、この大会を長く続けていきたい。その担い手となるのが皆さんだ...

詳細ページへ

お勧めの書籍