国土交通省、革新的造船技術研究開発12件に支援

国土交通省は海事生産性革命 (i―Shippin)の一環として造船工程における生産性向上を目的とし、IoTやAI技術などを活用した革新的な造船技術の研究開発を支援しているがこのほど、今年度予算による先進船舶・造船技術研究開発費補助事業(革新的造船技術研究開発)として12件(新規3件、継続9件)の研究開発に対して補助金の交付を決定。新規事業としてジャパンマリンユナイテッドの「片面板継溶接の適用板厚拡大のための新溶接技術開発」とサノヤス造船の「LoRaを利用した外業ステージにおける生産管理の高度化」...

詳細ページへ

お勧めの書籍