全国溶接技術競技会、16・17日 沖縄で開催

溶接日本一を目指した戦い。第65回全国溶接技術競技会九州地区沖縄大会の開催が目前に迫ってきた。11月16・17日の両日、ポリテクセンター沖縄(沖縄県北谷町)を舞台に、被覆アーク溶接(手溶接)、炭酸ガスアーク溶接(半自動)の2種目で、全国の都道府県代表112選手が熱戦を繰り広げる。  粟飯原周二競技会長(日本溶接協会会長)は、全国競技会を「溶接技量を競うと同時に、選手選考を通じて溶接技術の向上や振興、技能者の顕彰を行う重要な場」と位置づける。今回の沖縄県での開催にあたり「首里城の一日も早い再建を心...

詳細ページへ

お勧めの書籍