溶接界賀詞交歓会に800人参集

2019年溶接界新春賀詞交歓会が1月8日、東京・港区の東京プリンスホテルで開かれ、産官学の溶接関係者約800人が参集し新年を祝った。日本溶接協会の粟飯原周二会長は、溶接技能者、管理技術者の要員認証をはじめ協会事業は順調に推移するとしたうえで、「溶接界は人手不足が顕著。外国人、女性、若年者の活用を3本柱として取り組む」と事業方針を示した。産報出版の久木田裕社長は「社会に対し溶接の魅力、おもしろさを発信し、溶接ファンの獲得に向けた取り組みを進める」と所信を述べた。  粟飯原会長は日溶協事業に関し、要...

詳細ページへ

お勧めの書籍