東京ガスパイプライン工事、JFEエンジが受注

◇溶接長は推定22km◇ JFEエンジニアリングは2月13日、東京ガスから茨城幹線ガスパイプライン工事を受注したと発表した。総延長は約92kmに及び、本紙推定によると、工事全体の溶接長は約22kmと国内屈指のビッグプロジェクトとなる。鋼管使用量は約2万4000t、自動溶接ワイヤの使用量は約36tが見込まれる。同プロジェクトは2020年度の完工を目指すため、従来のガスパイプライン工事と比較して工期を約3分の2に短縮する必要がある。  JFEエンジは、これまで培ったパイプライン施工技術に加え、短工期...

詳細ページへ

お勧めの書籍