溶接材料10月出荷実績、16ヵ月連続減

 日本溶接材料工業会がまとめた2016年10月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比3.1%減の2万708トンと15ヵ月連続で減少。出荷高は同5.1%減の1万9926トンと16ヵ月連続で減少した。輸出高は同14.5%減の2329トンと5ヵ月連続で減少した。 主要品種の生産高をみると、ソリッドワイヤは前年同月比0.7%減で8ヵ月連続減少。FCWは同4.8%減で2ヵ月連続減少。ガスシールド溶接用は同2.7%減と14ヵ月連続で減少した。被覆アーク溶接棒は同6.3%減と7ヵ月連続の減...

詳細ページへ

お勧めの書籍