Welding Mate

技能者

溶接仕事に就いたことを心配していた両親を安心させてあげたい 福島県の女性溶接士(溶接ニュース2023年10月31日号より)

6月10日に福島県内の溶接士69人が溶接技術を競った第68回福島県溶接技術競技会。この競技会の、ティグ溶接の部で入賞した溶接女子の齋藤志乃さん。「(入賞の)産報賞をゲットしました」と顔いっぱいに笑みをうかべる齋藤さんに話を聞いた。

ルポ

神奈川県綾瀬市で溶接技能競技会 修業と実戦をセットで行うため職人が急成長(溶接ニュース2023年10月31日号より)

神奈川県綾瀬市で誰もが認める凄腕溶接士である、大場工業所の大場洋美会長。神奈川県綾瀬市では、大場会長から溶接を教わることができる「工匠塾」と、工匠塾で蓄えた技術力を試す場である「あやせ技能五輪」をセットで展開している。10月16日に開催された、あやせ技能五輪を取材した。

技能者

神奈県の凄腕溶接士が集結 全国大会目前に合同練習(溶接ニュース2023年10月17日号より)

神奈川県の溶接競技会で入賞した、県内の選りすぐりの溶接士がIHI横浜工場に集い、練習会を実施。当日、集結した溶接士は、情報をやり取りし、技を共有することで、腕を磨いた。

ルポ

フジワラテクノアート 特化則改正への早期対応で溶接作業者の安全守る(溶接ニュース2023年10月10日号より)

溶接事業所では、フィットテストへの対応に頭を抱える事業所も少なくない。そんな中、いち早くフィットテストに対応したのが、岡山市北区にある溶接事業所、フジワラテクノアート(藤原恵子社長)だ。同社では、習熟した溶接技能を「競争力」の一つとして捉えているため、溶接士が安全に作業できる環境は欠かせないという。そんな同社の安全への施策を取材した。

技能者

山梨県1位の高校生溶接士をインタビュー 青洲高校 望月命さん(溶接ニュース2023年9月19日号より)

第14回山梨県高等学校溶接競技会で優勝して山梨県で1番の溶接士になった青州高校の望月命さんにインタンビューしました。

« 1  2