技能者

技能者

見習い溶接士の心意気 (株)渡辺建鉄工業 髙梨美香さん(溶接ニュース2024年3月5日号より)

溶接作業を行う女性の姿を見かける機会が増えてきている。慢性的な人手不足を課題とする溶接業界だが、最近では女性の技能者が工場のみならず、工事現場で活躍する姿も散見されるようになった。株式会社渡辺建鉄工業に入社した髙梨美香さんも、現場溶接士の1人だ。見習い溶接士として、日々、技能向上に慢心する高梨さんに、溶接の魅力や、溶接士になった理由について話を聞いた。

技能者

群馬県で日本最大規模の高校生溶接コンクール開催 利根実業高校(溶接ニュース2024年2月13日号より)

群馬県では、2024年1月27日に「群馬県学生溶接技術競技大会(群馬県・群馬県溶接協会共催(産報出版後援)」が実施された。このコンクールは、国内高校生に向けた溶接コンクールの中では最大規模の70人以上が参加するのが特徴となる。国内最大規模の溶接コンクールの中でも、前回優勝者である宇敷怜奈選手を要する利根実業高校の参加選手に話を聞いた。

技能者

OB・教諭・学生が一丸となって溶接コンクールへ 向の岡工業高校 (溶接ニュース2024年2月20日号より)

溶接の業界で、常に注目を集めている向の岡工業高校。理由は高校生の溶接コンクールで神奈川県を制した優勝者を、過去、多数輩出しているいこと。加えて、教師陣だけでなく、OBが応援に駆け付けて、一丸となってコンクールに臨む姿にもある。そんな向の岡工業高校のメンバーを取材した。

技能者

溶接士の日常描いた小説「我が手の太陽」 作家:石田夏穂さんインタビュー(溶接ニュース2024年1月2日号より)

2023年度に、第169回芥川賞候補作ノミネートされた、溶接士を主人公とした「我が手の太陽」(講談社)。溶接士として働く主人公「伊藤」の、何気ない日常でありながらも、細部まで作り込まれた世界観を、表現しているのは、作家である石田夏穂さんだ。石田さんは、小説家としてだけでなく、会社員として施工管理も行っているために、リアルな描写を実現できたという。そんな石田さんに作品の魅力や、小説家としての考え、施工管理の仕事を通して感じる溶接作業の奥深さなどについて話を聞いた。

技能者

いざ最強の溶接士へ! 全国溶接技術競技会場インタビュー②(溶接ニュース2023年11月28日号より)

全国の都道府県代表111選手が被覆アーク溶接(手溶接)、炭酸ガスアーク溶接(半自動)の2種目で「溶接日本一」の称号をかけ、茨城県を舞台に日頃鍛えた腕を競った。11月11日、12日の両日、日立建機霞ヶ浦総合研修所(茨城県阿見町)を競技会場に開催された「全国溶接技術競技会」。68回目となる今回の大会では、選手、関係者ら約500人が集結。さまざまな思いで舞台に上がる参加選手の心の内を聞いてみた。

技能者

いざ最強の溶接士へ! 全国溶接技術競技会場インタビュー①(溶接ニュース2023年11月21日号より)

全国の都道府県代表111選手が被覆アーク溶接(手溶接)、炭酸ガスアーク溶接(半自動)の2種目で「溶接日本一」の称号をかけ、茨城県を舞台に日頃鍛えた腕を競った。11月11日、12日の両日、日立建機霞ヶ浦総合研修所(茨城県阿見町)を競技会場に開催された「全国溶接技術競技会」。68回目となる今回の大会では、選手、関係者ら約500人が集結。さまざまな思いで舞台に上がる参加選手の心の内を聞いてみた。

技能者

溶接日本一をかけ111人が熱戦 第68回全国溶接技術競技会東部地区茨城大会(溶接ニュース2023年11月21日号より)

全国の都道府県代表111選手が被覆アーク溶接(手溶接)、炭酸ガスアーク溶接(半自動)の2種目で「溶接日本一」の称号をかけ、茨城県を舞台に日頃鍛えた腕を競った。11月11日、12日の両日、日立建機霞ヶ浦総合研修所(茨城県阿見町)を競技会場に開催された「全国溶接技術競技会」。68回目となる今回の大会では、選手、関係者ら約500人が集結。開会式で選手宣誓を行った地元茨城県代表の近藤祐介選手(日立建機)は「歴史ある溶接文化の中で先人からの技能に感謝し、これまでサポートしてくれた方々の思いを背負い、2枚の突合せ溶接というシンプルかつ非常に難しい競技に挑み、作品を作ることを誓う」と声高らかに宣言した。

技能者

溶接仕事に就いたことを心配していた両親を安心させてあげたい (株)日下部工業所 齋藤志乃さん(溶接ニュース2023年10月31日号より)

6月10日に福島県内の溶接士69人が溶接技術を競った第68回福島県溶接技術競技会。この競技会の、ティグ溶接の部で入賞した溶接女子の齋藤志乃さん。「(入賞の)産報賞をゲットしました」と顔いっぱいに笑みをうかべる齋藤さんに話を聞いた。

技能者

山梨県で1番溶接が上手い女の子 青洲高校 望月命さんインタビュー(溶接ニュース2023年9月19日号より)

第14回山梨県高等学校溶接競技会で優勝して山梨県で1番の溶接士になった青州高校の望月命さんにインタンビューしました。

1