職人小説「我が手の太陽」 作家、石田夏穂さんインタビュー(溶接ニュース2024年1月2日号より)

技能者
twitter fb
 職人小説「我が手の太陽」とは

溶接士を主人公とした「我が手の太陽」(講談社)は、2023年度に、第169回芥川賞候補作ノミネートされるなど、異色の職人小説として話題を集めた。

同作の作者でデビュー作「我が友、スミス」の発表以来、話題作を世に送りだすなど新規新鋭の作家である石田夏穂さんは、小説家としての活躍だけでなく、会社員として施工管理も行う。勤務先の業務では溶接士と接する機会も多く、同作の詳細な溶接の施工方法など、施工管理者として石田さんが得た知見も存分に描写されているのも魅力の一つだ。

今回、石田さんに同作品の魅力や小説家としての考え、施工管理の仕事を通して感じる溶接作業の奥深さなどを聞いた。

 何故溶接士を主人公に?

仕事で溶接士の方々と接する中で、自分の仕事に誇りを持っている人が多いと感じました。

その仕事に対する向き合い方に惹かれ、プラントの現場溶接士を主人公にした小説を書きたいと思いました。プラントの建設現場における配管溶接の施工条件など、仕事で得た知識を書きたいだけ書けるテーマだったので、書く側としても楽しかったです。

 溶接などに関する描写がリアルですね

学生のころに学んだことや、仕事で使う知識などを思い出しながら書きました。

ただし、編集担当者からは専門用語などがマニアックすぎて、溶接や現場の仕事を知らない人には理解できないと指摘され、削除したり誤魔化した部分も結構あります。

例えば、編集担当者に溶接前の加工でV型の開先を取る意味と方法を何度説明しても理解を得ることができなかったので、最終的には開先加工について「炒める前のソーセージに切り込みを入れるようなもの」と、すごい変に説明しました(笑)

 Welding Mateには表現が理解されますね

DSC06076.JPG

(実は溶接ニュースの読者だと話す石田さん)

そうですね。余談ですが、勤務先が「溶接ニュース」を購読していて、職場で読ませていただいております。溶接競技の全国大会など少年漫画のテーマにもなりそうな色々と興味深い記事がありますが、そもそも溶接をメインとする新聞を月4回のペースで発行していることが凄いですね。

 改めて、経歴について教えてください

大学のときは建築学科で鉄筋コンクリートなどを勉強していました。そこからプラントエンジニアリングなどを手掛ける今の会社に就職し、施工管理の業務に携わるようになりました。

 小説家として活動を始めたきっかけは

もともと小説を書くのが好きだったのですが、3年前に新人公募の文学賞で佳作を貰ったことがきっかけでデビューしました。基本的には出勤前の時間や休みの日などを利用して小説を書いています。

とはいえ、小説家と会社員の兼業は正直、疲れます(笑)。いっぽう仕事ばかりしていると運動不足になりがちなので、ほぼ毎日ジムに通って筋トレに励むことが就職後の習慣になりました。

デビュー作「我が友、スミス」は筋トレ小説でした。

その話の主人公である筋トレに励む会社員などもそうですが、個人的には地味な労働や日々のルーティンなど、他人から見ると単調に思える生活の中に、人間がもっとも人間らしく生きている姿があると思います。自分の小説では人が単調に生きている様子をあえて省かずに描くことで、人間臭さを表現したいなぁと思います。

 今作は石田作品の中でも重い作風ですね

シブい話を書きたいと思いました。例えば若手の技能者が職人として腕を磨き成長していく物語ではなく、働き盛りとされる世代の腕利きの溶接士が調子を崩していく様子をシビアに追いたかったです。

 施工管理者の立場からみた溶接士とは

現場でも「マルG溶接」と呼ばれる高度な溶接ができる溶接士は一目置かれていると感じます。待遇面も良く、休憩所に溶接士専用の部屋が用意される場合もあるようです。

金属の種類によっては母材を溶接する前に時間をかけて温めることで溶接品質を確保する熱処理方法がありますが、溶接士を待たせないように、かなり早い時間から行われることもあります。

 溶接の魅力とは

溶接と一口にいっても様々な方法があり、それぞれに特徴があることが魅力の一つだと思います。

作中でティグ溶接とガス溶断の違いについて、主人公が勤務先の上司に溶接のアーク光をガス溶断の火炎と同じ「火」と言われ、内心で「こいつは何もわかってない」と思うところは個人的にはいちばん好きなシーンです。またティグ溶接と被覆アーク溶接の違いも面白いと思います。

 石田さんの溶接の経験

学生のころの材料試験では鉄筋などを溶接で接合してから破壊試験していたので、しばしば学生自身の手で溶接し、試験体を作ることもあったのですが、何故か自分の試験体はほかの学生のものより強度が弱く、破断しやすかったです(笑)。また、神戸製鋼さんが実施している溶接講習を受けたこともあります。

 実際に溶接してみて感じたことは

溶接講習などで様々な溶接を体験しましたが、特にティグ溶接は遮光面で視界が真っ暗闇の中、両手を使い、溶加棒を入れながらビードを引いていく作業が本当に難しく、奥深いと感じました。

プラントの建設現場の配管溶接でもティグ溶接の適用は多いのですが、まっすぐビードを引くだけでも難しいのに、溶接士の方々は姿勢を変化させながら見事に接合していて、まさに匠の技です。

今回、小説の主人公である伊東も、ティグ溶接を得意としています

個人的には玉虫色になる溶接ビードの美しさや、繊細な動きが要求される技術も含めてティグ溶接が一番好きです。現場でもティグ溶接を見ますが、遮光面なしで溶接中のアーク光を直視しすぎないように気をつけています。今の仕事では工場の溶接に接する機会が少ないので、今後いろいろな溶接を見てみたいですね。

 最後に読者の方へメッセージを

全般に溶接士の方々にはオーラがあって、仕事の正確さや立ち振る舞いなど、とにかく格好良いと思います。

また以前、海外の現場に行く機会があったのですが、例えばインドネシアなどでも普通に日本メーカーの溶接棒が使われていて、感動しました。自分は今の仕事を通して自然と溶接を知ることができましたが、溶接という作業の魅力がもっと認知されればいいと思います。

「我が手の太陽」が、そういうきっかけになれば嬉しいです。

share SNSシェア
twitter fb