ルポ

ルポ

菊川工業(株) 代表取締役会長宇津野隆元会長 溶接町工場の脱炭素への取り組み 

「カーボンニュートラルに向けて」といった文言は頻繁に目にするが、実際に、中小企業に実践できる取り組みは多いとは言えず、言葉が一人歩きしている印象を受ける。そんな中、今回のWelding Mateでは、中小企業に分類される溶接町工場の菊川工業(株)が実勢する脱炭素化への取り組みを紹介する。

ルポ

VR・AR溶接王を目指して高校生が挑戦 271人が溶接王の座狙う!(溶接ニュース2024年5月21日号より)

既にテレビゲームの世界では知名度が高いVRやARなどの技術だが、VRやARは、溶接事業においても深く根を張っている。今回のWelding Mateで紹介するのは、2024国際ウエルデイングショーで注目を集めた「高校生VR・AR溶接王!」だ。近隣高校生272人を集め、盛り上がりをみせた同イベントを振り返る。

ルポ

全員が溶接士戦略で差別化を図る! 江渕工業所(株)の事業戦略を調査

ものづくりに関わらず、自社の魅力を、的確に明確化・差別化することは多くの企業にとって必要だ。そんな中、注目されているのが溶接作業に従事する・しないに関わらず、「全員が溶接士」を謳う兵庫県姫路市の溶接事業所、江渕工業所株式会社である。今回のWelding Mateでは、そんな超溶接特化戦略を採用している同社の戦略と溶接事業を取材した。

ルポ

TSMCの一大計画に貢献 「日本一の管工事屋」目指す (株)出田産業 出田広大社長(溶接ニュース2024年2月20日号より)

台湾の世界最大手である半導体受託メーカーTSMC社が、熊本県に進出したことは記憶に新しい。半導体不足を背景に、世界中が半導体の確保に邁進する中、熊本でも大きな産業構造の変化が予想される。そんな中、TSMCが出資するJASMの工場建設に一役買っているのが、県内の溶接事業所、株式会社出田産業だ。「日本一の管工事屋」を目指す同社の取り組みについて話を聞いた。

ルポ

石垣島と首都圏でのパラレルワーク実現 人手不足に負けない溶接事業展開 上代工業(株)上代健一社長

石垣島と首都圏でのパラレルワークと聞くと、IT企業を連想する人も多いだろう。しかし、それを溶接事業所が実現した事例として注目されているのが、神奈川県川崎市の上代工業だ。人材不足が大きな課題とされる溶接業界にとって、パラレルワークによって人材難を解決した事例は大きなヒントの1つとなるだろう。今回のWelding Mateでは、業界内外から期待がかかる同社の取り組みを主導している上代健一社長に話しを聞いた。

ルポ

溶接を軸に次々と事業展開し続けるノンストップ経営 上代工業株式会社の上代健一社長に聞く

イノベーションやデジタルトランスフォーメーションなど、毎年のように出てくる事業加速のキーワード。しかし、「実際に成功した事例」は多いとは言えないのが現状だ。そんな中、「BtoCの新規事業展開」「デジタル化」「外国人技能実習生の積極雇用」「溶接女子活躍の場の拡張」「ユニークな福利厚生」など、とにかく事業改革のキーワードに挑戦し続けることで、一定量の成功を収めた溶接事業所の、上代工業の上代健一社長に話を聞いた。

ルポ

時価4億円の乗り込み型操作ロボットを作った南鉄工所の溶接事業(溶接ニュース2024年1月16日号より)

世界中で話題になった国産4億円ロボットを開発したのは超大手企業でも、政府の軍事機関でも、ものづくりが得意なIT企業でもなく、7人の町工場だ。そんな、「発明が大好きなだけ」と自称する町工場、南鉄工所を徹底的に取材した。

ルポ

乗りこみ操作する大型国産ロボットを手掛けた7人の町工場(溶接ニュース2024年1月16日号より)

4億円以上の値段が付き、世界中から注目を集める人乗車型操作ロボット「アーカックス」。昨年より大きな波紋を呼ぶアーカックスの製造にも溶接技術は欠かせない技術であり、何より驚きなのは、7人の町工場が製造・組み立てにあたっているという事実だ。本記事は、アーカックス製造を縁の下で支えた町工場、南鉄工所を取材したものである。

ルポ

事業の正しい継承について モハラテクニカ 36歳の溶接事業所の若社長インタビュー(溶接ニュース2023年12月12日号より)

米中貿易摩擦、コロナ禍、ウクライナ危機など、多くの逆風をはねのけて事業規模を拡大するモハラテクニカ(群馬県高崎市)に注目が集まっている。36歳とまだ若い同社の茂原亮太社長に、事業継承までの歴史と、スムーズな継承について話を聞いた。

ルポ

二ノ宮製作所 国際インターンシップで人材難超える(溶接ニュース2023年11月14日号より)

人手不足の背景もあり、外国人、身体的なハンデを持つ人材などが活躍できるフィールドを整えていくダイバーシティ経営への注目度が工場している。埼玉県秩父市にある二ノ宮製作所(二ノ宮紀子社長)では、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ミャンマーといった複数国籍に加えて、重度の聴覚障害や脳性麻痺というハンデを背負った作業者など、幅広い人材が活躍する。そんな同社の事業を取材した。

1  2