ルポ

ルポ

乗りこみ操作する大型国産ロボットを手掛けた7人の町工場(溶接ニュース2024年1月16日号より)

4億円以上の値段が付き、世界中から注目を集める人乗車型操作ロボット「アーカックス」。昨年より大きな波紋を呼ぶアーカックスの製造にも溶接技術は欠かせない技術であり、何より驚きなのは、7人の町工場が製造・組み立てにあたっているという事実だ。本記事は、アーカックス製造を縁の下で支えた町工場、南鉄工所を取材したものである。

ルポ

溶接工場の事業継承 事業成長を続ける36歳の若社長(溶接ニュース2023年12月12日号より)

米中貿易摩擦、コロナ禍、ウクライナ危機など、多くの逆風をはねのけて事業規模を拡大するモハラテクニカ(群馬県高崎市)に注目が集まっている。36歳とまだ若い同社の茂原亮太社長に、事業継承までの歴史と、スムーズな継承について話を聞いた。

ルポ

二ノ宮製作所 国際インターンシップで人材難超える(溶接ニュース2023年11月14日号より)

人手不足の背景もあり、外国人、身体的なハンデを持つ人材などが活躍できるフィールドを整えていくダイバーシティ経営への注目度が工場している。埼玉県秩父市にある二ノ宮製作所(二ノ宮紀子社長)では、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ミャンマーといった複数国籍に加えて、重度の聴覚障害や脳性麻痺というハンデを背負った作業者など、幅広い人材が活躍する。そんな同社の事業を取材した。

ルポ

一文機工 夏休み工場見学で溶接体験(溶接ニュース2023年11月7日号より)

自社の事業の認知度を広げる取り組みの一つとして注目されているのがオープンファクトリーといった、「工場を一般の人に開放して、ものづくりを体験してもらう」という取り組みだ。足立区が開催する「夏休み工場見学」に参画した、一文機工の取り組みを紹介する。

ルポ

神奈川県綾瀬市で溶接技能競技会 修業と実戦をセットで行うため職人が急成長(溶接ニュース2023年10月31日号より)

神奈川県綾瀬市で誰もが認める凄腕溶接士である、大場工業所の大場洋美会長。神奈川県綾瀬市では、大場会長から溶接を教わることができる「工匠塾」と、工匠塾で蓄えた技術力を試す場である「あやせ技能五輪」をセットで展開している。10月16日に開催された、あやせ技能五輪を取材した。

ルポ

フジワラテクノアート 特化則改正への早期対応で溶接作業者の安全守る(溶接ニュース2023年10月10日号より)

溶接事業所では、フィットテストへの対応に頭を抱える事業所も少なくない。そんな中、いち早くフィットテストに対応したのが、岡山市北区にある溶接事業所、フジワラテクノアート(藤原恵子社長)だ。同社では、習熟した溶接技能を「競争力」の一つとして捉えているため、溶接士が安全に作業できる環境は欠かせないという。そんな同社の安全への施策を取材した。

1