補助金活用にみるポストコロナ時代の溶接事業

22/06/21

 政府は事業再構築補助金を2020年度補正事業でポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するための「新分野展開」、「業態転換」「事業・業種転換」「事業再編」などに意欲を有する企業の挑戦を支援する制度として創設した。溶接事業所においても新事業への挑戦や事業拡大に向けての生産性の向上に向けての設備投資を構想する同補助金を利用する事例は少なくない。中には「オープンプンファクトリー」の役割と「職業訓練校」の機能を併せ持つ「ものづくり学校」の設立といった計画が見受けられる。同補助金事業を例にポストコロナ時代を見据えた溶接事業所の取り組みを追った。
【第3439号】

TOP画面へ

お勧めの書籍