福本鐵工臨海工場、 インフラを支える高度な技能

22/05/10

 水輸送用塗膜装鋼管および異形管、水管橋、ガス管などを手掛ける福本鐵工臨海工場(福島県いわき市、福島県溶接協会会員)は80Aの中型から3000Aという超大型鋼管までの幅広いサイズの製品を製造する。同社では熟練した技能を持つ溶接士による技とサブマージ溶接による自動溶接技術により多種多様な製品に対応する。さらに自動開先加工機による前加工、表面処理、塗装に至るまでの工程を自動・省力化した設備を組み合わせた生産体制により、水という生活と経済活動に必須な社会インフラの利活用と安全を支える。
【第3433号】

TOP画面へ

お勧めの書籍