特集・北関東4県の溶接産業

21/11/16

 建設機械、自動車などの輸出型産業をはじめ、プラント、製鉄など溶接が深くかかわる幅広い産業が集積する北関東4県(茨城・栃木・群馬・埼玉)は研究や物流のハブ拠点となる関連施設も多い。今年の夏には延期となっていた東京五輪も閉会し、再開発案件の本格化も期待されるほか、秋になり新型コロナウイルス感染症の感染拡大が沈静化し、緊急事態宣言も解除されるなど社会の動向に呼応するように徐々にながら溶接関連産業も平常に戻りつつある。
【第3410号】

TOP画面へ

お勧めの書籍