日溶協、定時総会開く、溶接人口の拡大へ新4ヵ年計画策定

21/06/15

 日本溶接協会(粟飯原周二会長)は6月9日、東京・千代田区の溶接会館で2021年度定時総会を開催した。新4ヵ年計画を示し、認証制度のシステム高度化、溶接教育事業の拡大、国際溶接学会(IIW)年次大会と国際ウエルディングショーの共催などを重点活動項目に掲げた。粟飯原会長はコロナ禍の影響が大きかった20年度事業を振り返り「全国の会員企業や指定機関、検定委員会の協力により乗り切ることができた。溶接人口の拡大や溶接界の発展に向け活動を強化する」と方針を示した。
【第3390号】

TOP画面へ

お勧めの書籍