主要9社=鉄骨ファブ・橋梁 決算業績予想、コロナ禍で端境期が長期化

21/06/08

 鉄骨・橋梁ファブリケーター主要9社の2022年3月期業績予想によると3社が減収、7社が経常減益を見込む。昨年度の建築鉄骨は、五輪関連施設の建設工事完了後の端境期が続いていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、着工の遅れや計画の見直しが重なり、市場の冷え込みが続いた20年度の鉄骨需要は412万?と、前年度の457万?をさらに割り込む厳しい景況が続いた。
【第3389号】

TOP画面へ

お勧めの書籍