難溶接材に挑む溶接事業者

21/06/08

 溶接は高温をともなうため、熱影響により割れやブローホールの原因になったり、じん性が劣るなど、厳しい入熱管理が求められる材料がある。マグネシウムやニッケル基、ハイテン材(高張力鋼)などがその代表例であろう。これらの材料は軽量、高強度、耐熱、耐食などの優れた特性を持つことから製品に付加価値を加える上で適用拡大が期待されている。難溶接材の溶接に挑む現場を追った。
【第3389号】

TOP画面へ

お勧めの書籍