金属AMの市場拡大へ、溶接の知見生かす

21/06/08

金属AM(アディティブ・マニュファクチャリング)が注目を集めている。金属AMは金属粉やワイヤを使用して構造物を製造するもので、レーザや電子ビーム(EB)を熱源として金属材料を溶融・凝固して積層する造形法。最近では、アーク溶接を応用したAM技術も登場するなど溶接関係者における関心も高い。世界中で年間約20パーセントの市場拡大がみられるという金属AM技術の実態に迫る。
【第3389号】

TOP画面へ

お勧めの書籍