鉄骨推定需要20年度、9・8%減の412万トン

21/05/25

 国内で溶接材料の需要が最も多い鉄骨業界。本紙がまとめた2020年度の建築鉄骨需要は412万1500トンと3年連続で減少した。新型コロナウイルスの感染拡大や五輪開催の延期に伴う着工の遅れ、建築計画の変更などが影響したと見られるが、21年1月からは3ヵ月連続で鉄骨推定需要量は増加するなど回復の兆しもでている。
【第3387号】

TOP画面へ

お勧めの書籍