アイアンプラネット・プロジェクト、溶接のテーマパーク各地で開所

21/05/25

 福井県の溶接事業者である長田工業所(福井県坂井市、小林輝之社長)が仕掛ける、溶接工場をテーマパーク化してフランチャイズ展開するプロジェクト「 アイアン・プラネット(IP)」に全国各地の溶接事業者が参画し、各地で開所が進んでいる。昨年9月に、フランチャイズ第1号となる静岡県沼津市の影山鉄工所(影山彰久社長)が「IP沼津」が開所。今年に入り4月21日には八興製作所(栃木県栃木市、江里口俊介社長)が「IP栃木」、4月24日にはコイズミ(神奈川県秦野市、小泉学社長)が「IP湘南」、今後4、5号も岐阜県と富山県で開所が決まっている。
【第3387号】

TOP画面へ

お勧めの書籍