特集:建設機械の溶接・切断技術

21/05/11

 インフラ整備や資源開発に欠かすことのできない建設機械。代表的な製品である油圧ショベルをはじめ、クレーンやダンプなどその種類は多岐にわたる。用途によりサイズの幅も広く、例えば油圧ショベルでは小規模な工事などで用いられる機械質量1?未満のミニショベルから、鉱山で使用される数100?クラスの超大型機種まで存在する。建設機械は溶接構造物の比率が高いため、溶接時間を短縮するために高電流化・高能率化が進められてきた。一方でICT建機など高付加価値化が進むにつれて外観への要求も高まり、さらなる低スパッタ化も求められている。本特集では、建設機械の溶接関連技術や関連トピックスを紹介する。
【第3385号】

TOP画面へ

お勧めの書籍