広田鉄工所、若手主体で競技会参加

21/04/06

 広田鉄工所(千葉県木更津市、廣田二郎社長=千葉県溶接協会会長)に所属する溶接士としての経験が4年以内という成長株の3人が2月に開催された千葉県溶接協会主催の千葉県溶接技術競技会(以下、競技会)に参戦した。溶接競技会に参加することで出場選手の溶接技能向上に向けたモチベーションが高まることはもちろん、自社を超えて隣接する他社工場にまで影響を与えている。同社では技能や技術向上などの教育を若手自身が主体となり決定するボトムアップ式の技能伝承に取り組んでいる。
【第3381号】

TOP画面へ

お勧めの書籍