17都道府県で溶接競技会、全国競技会に向けて動きだす

21/03/16

 全国溶接技術競技会(全国競技会)が動き出した。昨年はコロナ禍の中で全国競技会は中止となったが、青森、岩手、山形、福島、東京、千葉、神奈川、長野、新潟、愛知、岐阜、福井、滋賀、奈良、大阪、兵庫、福岡の1都1府15県では、万全の感染症対策を敷いた上で全国競技会の代表選手を決める都道府県単位の競技会を開催、もしくは予定している。今年の全国競技会は11月13?14日、ポリテクセンター三重(三重県四日市市)での開催を予定している。全国競技会は日本溶接協会と中部地区溶接協会連絡会、三重県溶接協会の共催。
【第3378号】

TOP画面へ

お勧めの書籍