特集・パイプ加工の最新動向 

21/02/16

 配管などパイプ加工における溶接では、溶接強度に加えて、内部の漏れを許さない優れた品質・信頼性が求められる。パイプ加工における品質を平準化するためパイプ自動溶接機などによる自動化が進む一方で、溶接士による溶接が必要な部分も多く、技能教育の整備は溶接事業所の重要な課題の一つだ。パイプは工場プラント内やガス、水道をはじめとした社会インフラにも多用されるため、コロナ禍においてもパイプ加工には堅調な需要が見込まれている。また、脱炭素社会の実現や新しい生活様式への対応に向けた社会の変化はパイプ加工に新たな需要や溶接技術のイノベーションを生み出している。本稿ではパイプ加工を行う溶接事業所への取材および高品質なパイプ加工に貢献する優秀製品の紹介などパイプ加工の最前線にスポットを当てた。
【第3375号】

TOP画面へ

お勧めの書籍