溶接現場の人手不足対策

21/01/05

 日本におけるものづくりの将来を考えるとき、大きな課題となっているのが人手不足である。特に、溶接技能は一朝一夕で身につくものではなく、一般に「一人前の溶接士に成長するには3年は必要」と言われている。そこで溶接現場を支える労働力として大きな期待が寄せられているのが、ロボットなどの各種自動化技術の導入のほか、女性や外国人の雇用である。溶接現場における人手不足への対応を追った。取り上げるテーマは以下の4つ
「溶接自動化の最前線」
「溶接女子」
「外国人人材」
「シニア世代」
【第3369号】

TOP画面へ

お勧めの書籍