群馬で東部地区溶接協会連絡会、試験のウェブ申請、日溶協が方針

20/10/13

 東部地区溶接協会連絡会(蓮沼美宣会長=新潟県溶接協会理事長)は10月7日、群馬県高崎市のGメッセ群馬で2020年度第1回連絡会を開催、各指定機関の代表や事務局、日溶協本部などから27人が出席した。溶接技能者認証(WO)試験時のコロナ対策や、WO受験申込のWEB申請を来年11月からトライアル運用するスケジュール案、技能者教育事業などを討議した。冒頭、蓮沼会長は「今年度の活動はコロナの影響が非常に大きい。人や紙でのやり取りを減らすことができる検定試験のWEB申請の役割もますます重要になる」と述べた。日本溶接協会の水沼渉専務理事は「コロナにより検定試験を一時中止したが、ガイドラインを策定し試験を再開した。いち早く再開した東部地区を事例に全国に横展開をし、受験件数も回復をしている。今後もガイドラインを遵守して継続していきたい」、東部地区溶接技術検定委員会の薩田寿隆委員長は「試験からはコロナ感染者を一人も出さないという使命のもとここまで検定を行っている」とそれぞれ述べた。
【第3358号】

TOP画面へ

お勧めの書籍