特集・溶接技能伝承

20/08/04

 高度熟練技能者の退職などが顕著となる中で、熟練溶接士不足が問題化している。このため若手溶接士への技能教育に注力する動きが活発化。溶接事業所においては、若手社員向けの溶接技能研修の充実や高度熟練技能者の定年を引き上げることで若手への指導者として重用する取り組みなど見られる。技能実習生をはじめとする外国人人材を育成する動きも加速。また、溶接における技能伝承の手段としてデジタル技術の活用もみられるようになってきている。本特集では「溶接技能伝承」をテーマに若手の技能伝承に取り組む企業や教育訓練機関の事例を紹介することで「溶接技能伝承」の今を取材した。
【第3349号】

TOP画面へ

お勧めの書籍