東南アジアにJIS認証普及へ、日溶協、経産省事業委託

20/06/30

 日本溶接協会は6月18日、経済産業省の国際標準化事業「JIS規格に基づく溶接技能者の資格認証システムの東南アジア各国への導入と普及」を受託したと発表した。同事業は東南アジア諸国にJISに基づく溶接技能者認証制度を普及させる事業の実行可能性を調査するもの。調査項目は▽アジア諸国におけるJIS溶接技能者認証システムのニーズ▽アジア諸国におけるJIS認証システム導入のための試験機関候補▽試験機関候補の技術力の調査と評価▽サプライチェーンを含めた技術的課題抽出と解決策の策定▽日本の溶接関連企業のアジア諸国における競争力▽JIS溶接技能者認証システム普及による日本の溶接関連企業の競争力向上への影響――の6項目。調査結果に基づき現地導入計画を立案し、2021年度からの導入作業につなげる。
【第3344号】

TOP画面へ

お勧めの書籍