地下壁構築に溶接継手が貢献

19/12/24

新技術の適用に溶接技術が貢献している。大林組、JFEスチール、ジェコスはこのほど、3社共同開発による土留用鋼矢板と鉄筋コンクリートを一体化して地下壁を構築する新技術「J―WALL2工法」を香川県庁舎東館耐震改修工事に適用したと発表。同新技術を適用した工事の鋼矢板には、溶接継手が使われている。
【溶接ニュース 第3320号】

TOP画面へ

お勧めの書籍