第10回関東甲信越高校生溶接コンクール開催

19/05/14

◇最優秀は群馬県代表・小谷野選手(群馬県立伊勢崎工高)◇
東部地区溶接協会連絡会と日本溶接協会東部地区溶接技術検定委員会は4月27日、神奈川県藤沢市の神鋼溶接サービス研修センターで「第10回関東甲信越高校生溶接コンクール」(後援=日本溶接協会/特別協力=産報出版)を開催した。関東甲信越の16校から22選手が出場し、群馬県立伊勢崎工業高校3年の小谷野琉維(こやの・るい)選手が総合点196点(200点満点)で最優秀賞の栄誉に輝いた。小谷野選手は「自分なりに手応えがあり、裏波溶接もうまくいった。サポートをしてくれた周囲の人に感謝をしたい」と喜びを語った。
【溶接ニュース 第3290号】

TOP画面へ

お勧めの書籍