特別企画/夏場の暑気対策製品

19/05/07

夏場は溶接士にとって非常に厳しい環境となる。中でも重要視されているのが、熱中症への対策である。熱中症は高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が壊れることで発生する障害の総称。めまいや筋肉痛、大量の発汗、頭痛、吐き気などが代表的な症状だが、最悪の場合は死に至るため、注意が必要である。溶接士が過酷な夏を乗り切るための各種製品を集めた。
【溶接ニュース 第3289号】

TOP画面へ

お勧めの書籍