溶接はすばらしい第5回「羽田D滑走路」●溶接構造が国際化を後押し

16/12/06

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京国際空港(羽田空港)の存在感が増している。14年3月、羽田空港国際線ターミナルの拡張以来、羽田の国際線発着枠は拡大の一途をたどる。それを可能にしたのが、一部に溶接構造を採用したD滑走路である。
【第3173号】

TOP画面へ

お勧めの書籍