パイプ溶接の最新動向●設備老朽化でニーズ高まる

16/09/13

パイプは、上下水道やガス配管などの日常生活から、プラント配管などの産業用途に至るまで様々なところに使われ、日頃の活動に欠かすことのできない部材である。また、パイプは流動物の輸送だけでなく、自動車のフレーム、競技場の屋根材、建築物の丸柱など、強度を確保するための構造部材としても広く活用されている。しかし、そこで使われる溶接には、高度な技術・技能が要求される。
【第3162号】

TOP画面へ

お勧めの書籍