熊本地震の建築物被害、国交省が原因分析

16/05/31

国土交通省と建築研究所は5月26日、熊本地震の建築物被害の原因分析を行う委員会の初会合を開催した。同委員会は、建築構造の専門家、建築設計や建築審査の実務者で構成。国土技術政策総合研究所に設置の「建築構造基準委員会」と、建築研究所に設置の「建築研究所熊本地震建築物被害調査検討委員会」の合同開催の形で行う。
【第3148号】

TOP画面へ

お勧めの書籍