レーザニュース●特集=適用拡大するレーザ切断 次世代のものづくりに対応

16/02/16

小型・軽量化や短納期化など、ものづくりに求められるニーズが厳しさを増す中、ものづくりに欠かすことのできない切断においても新素材への対応やさらなる高効率化などの対応を迫られている。そこで薄板分野を中心に広く使われているのが、レーザ切断である。最近ではビーム品質の向上により30ミリ程度の中厚板の高品質切断も可能に。
【第3135号】

TOP画面へ

お勧めの書籍