特集●パイプ溶接の品質向上

15/09/15

パイプは、ガス・水道管をはじめとするインフラから、建築物、自動車や建設機械のフレームなどの構造材に至るまで様々な用途に使われている。パイプは内部に流動物を流したり、強度を確保するなどの機能材として使われることからこれら要求を満たすための確かな品質が求められる。本特集では、高度な溶接技能を確保するための技能教育やメーカーによる新技術・製品を紹介する。
【第3115号】

TOP画面へ

お勧めの書籍