低コスト・生産性向上へ接合技術が必要、ISMA成果報告

15/01/27

新構造材料技術研究組合(ISMA)は1月20日、都内で革新的新構造材料等研究開発の成果を報告した。接合技術の成果報告で平田好則大阪大学教授は「近年、新材料などの開発が進められており、接合技術の分野においても低コストや生産性向上につながる技術の開発が重要になる」と述べた。
【第3084号】

TOP画面へ

お勧めの書籍