新日鉄住金など、高圧水素用ステンレス鋼開発

15/01/27

新日鉄住金と日鉄住金ステンレス鋼管は1月20日、高圧水素用ステンレス鋼を開発し、製造・販売を開始したと発表した。すでに商用水素ステーションの高圧水素環境下の配管や継手、バルブなどに採用されている。新開発の高圧水素用ステンレス鋼「HRX19」は、新日鉄住金が開発した高強度オーステナイトステンレス鋼。「耐水素脆性」「高強度材料」「溶接施工性」などの特徴がある。
【第3084号】

TOP画面へ

お勧めの書籍