新春特別座談会●明るい兆しが見えてきた2014年溶接界展望

14/01/07

2014年の日本経済は、4月に消費増税を控え民間投資喚起のための成長戦略の波及効果に期待が高まる。中国経済の減速や欧州危機再燃などによる海外景気下振れ、中東情勢悪化に伴う原油価格高騰などのリスクを踏まえ、依然世界最高品質を誇る日本の製造業がグローバル競争を勝ち抜くため溶接が担う役割に焦点をあて議論を展開する。
【第3033号】

TOP画面へ

お勧めの書籍