溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2019/06/04

JFEスチール、鉄鋼生産にレーザ溶接

JFEスチールは5月22日、大出力真空レーザ溶接技術を鉄鋼生産プロセスに適用したと発表した。定格出力30キロワットの大出力レーザによる真空中でのレーザ溶接技術を開発し、クラッド鋼板の生産性向上を目的に西日本製鉄所(福山地区)厚板工場のクラッド鋼板製造工程に導入した。 昨年度に実際の生産プロセスに導入し、既に1万8千トン以上のクラッド鋼板の製造に適用しており、安定した操業を継続している。 【溶接ニュ...

詳細はこちら

2019/06/04

ロボット工業会、18年度生産・出荷過去最高

日本ロボット工業会(橋本康彦会長)は5月22日、東京・港区の東京プリンスホテルで2018年度(暦年)における産業用ロボットの受注・生産・出荷について、会員および会員外のメーカー54社に実施したアンケート結果を発表した。18年度の受注台数は24万8283台(前年比5・5%増)、受注金額は9623億8400万円(同1・9%増)、生産台数は24万0339台(同2・7%増)、生産金額は9116億0900万...

詳細はこちら

2019/06/04

日本橋梁建設協会、会長に満岡氏

日本橋梁建設協会は5月24日、東京・港区の同協会で2019年度第8回通常総会を開き、役員改選で満岡次郎氏(IHI社長)が新会長に就任した。満岡会長は「鋼橋事業の成長力強化や橋梁の長寿命化、海外事業への挑戦」などを活動テーマに掲げた。 【溶接ニュース 第3293号】...

詳細はこちら

2019/06/04

特集/ステンレス鋼の溶接

ステンレス鋼は錆び腐食、熱などに強く、ライフサイクルコストにおいても優れた特徴を発揮することから、各種配管やタンク、自動車部品など幅広い分野で採用されている。ステンレス鋼は添加元素の種類や比率で、様々な特性を持たせることができる。その反面優れた溶接品質を確保するためには、ステンレス鋼の性質を把握することが重要となる。適切な溶接法や溶接材料の選択や、後処理加工を用いることが欠かせない。本特集では、ス...

詳細はこちら

お勧めの書籍