溶接ニュース 2018年7月24日付、第3252号

18/07/24

●《トップニュース》
IIW年次大会、インドネシアに700人参集

国際溶接学会(IIW)は、7月15日から20日までの6日間、インドネシア・バリのヌサドゥアコンベンションセンターで第71回年次大会を開催し、47ヵ国・地域から約700人が結集。16の常設委員会を中心に最新の研究発表や規格・基準制定の討議を行った。平田好則(大阪大学)、荻野陽輔(同)の2氏がオープニングセレモニーで表彰を受けた。研究発表では、アディティブマニュファクチャリングに関する合同委員会が開かれ注目を集めた。また会期中、IIWの次期理事に日本溶接協会の粟飯原周二会長が選出されたことが発表された。

「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」設立
FAロボットシステムインテグレータ協会は7月13日、港区の機械振興会館で設立プレス発表会を開催し、初代会長に三明機工(静岡市清水区)の久保田和雄社長が就任した。会見で久保田会長は「本年5月23日にロボット工業会の通常総会において協会設立の承認を得られた。100社を目標に会員企業を募りたいと考えていたが、予想を上回る123社のSIer(エスアイアー)会員、21社の協力会員という多くの同士とともに大きな一歩を踏み出すことができた」と話した。

特集/抵抗溶接
抵抗溶接の主要ユーザーである自動車分野では、車体軽量化を目的としたマルチマテリアル化が進み、アルミニウム合金やハイテン材などの接合ニーズが高まっている。これら抵抗溶接に関する技術動向やメーカーの戦略、関連製品などを紹介する。

特集/北海道溶接業界の現状と展望
日本列島の最北部に位置する北海道は、今年で命名150周年を迎えた。道の面積は都道府県の中で最も広く、オーストリア一国分の面積に匹敵する。道内に拠点を持つ高圧ガス・溶接機材メーカー・ディーラーおよびユーザーに取材を行い、道内における溶接関連産業の現状と展望を探った。

TOP画面へ

お勧めの書籍