第3128号

15/12/22

●《トップニュース》
2016JIWS、東西で出展社説明会●開催規模拡大、新規が25%

世界最大級の溶接・接合専門展示会「2016国際ウエルディングショー」(JIWS、日本溶接協会・産報出版主催)の出展社説明会が12月17・18日の両日、東西で開催された。来年4月13―16日の4日間、大阪市住之江区のインテックス大阪の2・3・4号館全館を使用。前回大阪開催と比較して使用面積14%増、出展小間数は15%増となる。
特集●大阪府溶接技術協会が創立60周年 関西地区のリーダー役担う
日本溶接協会大阪地方本部として発足した大阪府溶接技術協会が今年、創立60周年を迎えた。創立以来、溶接技能検定や受験指導はじめ多岐にわたる事業を展開。若年層への溶接普及を目的とした高校生コンクールや、全国溶接技術競技会での優勝を目指した金メダルプロジェクトなどの活動も推進。現在、関西地区溶接協会連絡会の会長協会として同地区のリーダー的役割を担う。
スマートプロセスニュース●NIMS、構造材料研究拠点シンポジウム開く
物質・材料研究機構(NIMS)は11月9日、同機構のつくば千現地区で「第2回構造材料研究拠点シンポジウム」を開催した。今年3月に竣工した「先進構造材料研究棟」の一般公開も合わせて実施され、約120人が参加。
新日鉄住金エンジ、タイで海洋大型案件受注
新日鉄住金エンジニアリングは12月10日、タイで海洋天然ガス生産設備など受注したと発表した。現地子会社とタイ・PTTEPから受注したのは、タイ湾アーティットとボンコット鉱区に新設するウェルヘッドプラットフォーム(WHP)と、随伴海底パイプラインの設計・調達・加工・据付工事、既存WHPの改造工事一式。6年間最大で25基のWHP建設と、約165キロのパイプライン敷設を実施。

TOP画面へ

お勧めの書籍