第3123号

15/11/17

●《トップニュース》
厚労省、現代の名工を発表 溶接関係12人

厚生労働省は11月8日、卓越した技能者を表彰する2015年度現代の名工150人を発表。溶接関係でもアーク溶接工の宮越幸一氏(コマツ粟津工場)、坂口敏之氏(西田鉄工本社工場)、ガス溶接工の枋谷博さんなど12人が受賞した。
溶接ロボット特集●市場動向と展望を探る
本特集では、溶接ロボットの最新技術、市場動向を中心とした最新情報をレポート。あわせてロボット溶接に関連するトーチおよび自動化周辺装置、スパッタ付着防止剤の最新情報を紹介する。
特集●溶接用混合ガス 溶接の「進化と美」担う
溶接混合ガス特集では、メーカー各社が長い歴史で培ったノウハウや研究データをフィードバックさせて完成させた混合ガスについてまとめた。各種ガス同士の微妙なミキシングの違いにより美麗なビードや製品の完成度の高さを影で支える混合ガス、その特徴に迫った。
インドネシアで国際溶接セミナー、日溶協・宮田会長が基調講演
インドネシア溶接協会とスラバヤ造船職業訓練協会は10月20日、インドネシア・スラバヤの造船学会職業訓練学校(PPNS)で第2回国際最新溶接・接合技術セミナーを開催した。日本、アジア各国の研究者・技術者に加え、PPNSの学生ら約250人が聴講。日本溶接協会の宮田隆司会長が基調講演を行い、ダイヘン、神戸製鋼所、日鐵住金溶接工業が最新溶接技術・規格動向などを講演。

TOP画面へ

お勧めの書籍