第3113号

15/09/01

●《トップニュース》
レーザ技術の共同研究始動 原子力機構・日立GE・スギノマシン

日本原子力研究開発機構、日立GEニュークリア・エナジー、スギノマシンの3社は2017年3月にかけて、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業に適用可能なレーザ加工法の技術開発に関する共同研究に取り組む。主な研究内容は新型工法の開発、炉内環境切断工法の開発、厚板鋼材切断工法の開発。廃炉作業への適用拡大を見据えたレーザ加工法に関する基盤研究を行う。
特集●生産性向上設備投資促進税制 設備投資支える優遇措置
2013年12月4日に成立した「産業競争力強化法」は、アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」に盛り込まれた施策を確実に実行し、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としている。同法は14年1月20日に施行されたが、その中で税制改革の一環として、企業のさらなる設備投資促進を目的に新設されたのが「生産性向上設備投資促進税制」である。
医療ガス特集●安全・安心な使用に向けて
医療ガスは、患者の生命に大きく関わるライフラインと言える。安定した供給体制やそれを扱うための高度な専門知識はなくてはならない。特集では安全・安心に使用するための医療ガスの取り違え事故への対策や医療ガスの専門家であるMGR(医療ガス情報担当者)制度の現状と医療ガスメーカーやディーラー各社の業況や今後の新たな事業戦略などを聞いた。
ダイヘン、Jリーグでサポーティングマッチ開催
ダイヘンが今年4月にJリーグ・セレッソ大阪とプラチナスポンサー契約を締結したのにともない、スポンサー1社を冠名とした公式試合であるダイヘンサポーティングマッチ(セレッソ大阪対FC岐阜)が8月15日、大阪市東住吉区のキンチョウスタジアムで開催された。

TOP画面へ

お勧めの書籍