第3101号

15/06/02

●《トップニュース》
輿石氏が会長就任「各社の力高める」 日本溶接材料工業会

日本溶接材料工業会は5月22日、東京・千代田区の東海大学校友会館で開催した第43期定時総会の席上、輿石房樹氏(神戸製鋼所溶接事業部門)の会長就任を承認した。輿石新会長は「共通の課題をクリアしながら各社の力を高めていくことが大切な取り組み。工業会の事業に対して積極的な参画を願う」と所信を語った。
特集●全溶連第72回記念大会「自主保安の徹底に向けて会員相互に連携」
全国高圧ガス溶材組合連合会(深尾定男会長)は6月4日、「第72回全溶連大会2015甲信越・新潟」をホテルオークラ新潟で開催する。18年ぶりに新潟県で開催される全溶連大会は長野県、山梨県との3県合同開催という形で行われ、来賓を含めた参加人数は300人を見込む。会員相互の連携のもと進めていく自主保安の徹底について討議を重ねることで無事故・無災害を目指す。
レーザ事業は5割アップ、磯部アマダHD社長が会見
アマダホールディングスの磯部任社長は5月15日に開いた会見で、売上高30%アップ、経常利益率20%、自己資本利益率10%を3つを柱とする中期計画にふれ「海外、レーザ、アフターの3つのビジネスを成長分野と位置付ける。海外比率を60%に拡大させ、レーザビジネスは14年度比50%アップ、アフタービジネスは同35%アップを目指す」と所信を述べた。
安川電機が中部ロボットセンタ開所式
安川電機は5月15日、愛知県みよし市に新設した同社中部支店・中部ロボットセンタの開所式を開催。システムインテグレータや代理店などの来賓をはじめとする関係者約70人が出席するなか、中部地域のロボット事業における新たなスタートを祝した。同社のロボットセンタは本社、関東に次いで国内3ヵ所目、全世界で32ヵ所目の拠点となる。

TOP画面へ

お勧めの書籍