第3030号

13/12/10

●《トップニュース》
国際ウエルディングショー、東西で出展社説明会/開催規模900小間

世界最大級の溶接・接合専門展示会「2014国際ウエルディングショー」(日本溶接協会・産報出版主催)の出展社説明会が12月5・6日、東京・大阪で開かれた。同展は来年4月23ー26日まで東京・江東区の東京ビッグサイト東5・6ホールで開かれる。今回の開催規模は12年大阪を30%、10年東京を10%上回る約900小間。
企業特集1●岩谷瓦斯千葉第二工場完工、ハイドロカット第2の拠点
アセチレンに代わる溶断用ガスとして需要が高まる岩谷瓦斯の「ハイドロカット」。このほど、岩谷瓦斯千葉工場(市原市)内に、国内2番目のハイドロカット製造設備が新たに完工した。岩谷瓦斯の千葉第二工場の位置付けで、これによりハイドロカットの製造拠点は姫路工場(姫路市)に続く2ヵ所目となる。
企業特集2●日東工機創業70周年記念、ドイツロマンチック街道の旅
創業70周年を迎えた日東工機(吉岡良三社長)が、7ヵ月間のロングランで実施した「2013パート2チャレンジセール」が大成果を得た。5年ぶりに実施した同セール目玉の海外旅行は「ドイツ ロマンチック街道6日間の旅」。今回は85人を招待し盛大に開催した。
特集●溶接士を守る安全・衛生保護具/最新機器も続々登場
溶接はものづくりに欠くことのできない基盤技術だが、その施工には様々な危険が付きまとう。セ氏数千度に達する熱やアークから発せられる有害光線、じん肺を誘発するヒュームなどが代表例だが、このほか作業環境に応じ高所作業や落下物などへの対策も必要で頭の先(安全帽)からつま先(安全靴)まで安全装備で身を固める必要がある。

TOP画面へ

お勧めの書籍