第3025号

13/11/05

●《トップニュース》
ウエルディングコリア、6年ぶりソウルに120社/地元企業は独自性強調

ウエルディングコリア(韓国国際ウエルディングショー)2013が10月16日から19日まで4日間にわたり、ソウル郊外のKINTEXで盛大に開催された。今回はコリアインダストリーフェアの一つとして、コリアマシナリーフェアなどと合同して開催されたもので、ウエルディングコリアとしては初の参加となった。
●第50回高圧ガス保安全国大会、経産大臣表彰19事業所34人
経済産業省と高圧ガス保安協会は10月25日、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で第50回高圧ガス保安全国大会を開催した。大会では、経済産業大臣表彰者19事業所34人、高圧ガス保安協会会長表彰者20事業所64人の栄誉をたたえた。
特別企画●長野県溶接協会創立60周年、人材育成などに確かな足跡
長野県溶接協会(五味光亮理事長)は8月28日、創立60周年を迎えた。同協会は54年に全国初の日本溶接協会支部として創立され、溶接技能者評価試験および事前講習会、ガス溶接技能講習会、アーク溶接特別教育講習会、溶接技術コンクールなど技術者・技能者育成と溶接技術向上・普及を目的とした事業を展開、成果を挙げてきた。
特集●溶接ロボット市場の現状と課題/効率化、労働力不足で価値高まる
溶接ロボットは効率・品質の追求と、熟練作業者の退職や若年層の労働力不足に応じ存在価値がさらに高まっている。最大の需要分野である自動車メーカーでは内外問わず多数の溶接ロボットを稼働。アークは建築鉄骨や建設機械、スポットは精密板金など広範な分野で活用される。レーザは自動車以外に精密板金から厚板まで適用範囲が広がる。

TOP画面へ

お勧めの書籍