第3022号

13/10/08

●《トップニュース》
全国溶接技術競技会愛知大会、12・13日開催/ものづくり再生へ

平成25年度全国溶接技術競技会中部地区愛知大会の開幕が今週末に迫ってきた。第59回を迎える今回の競技会場は、東海市の新日鉄住金名古屋製鉄所人材育成センター。10月12・13日の両日には全国から都道府県代表112人が集い「溶接日本一」の称号をかけ熱戦を繰り広げる。
特別企画1●ウェルディングフェスタ2013「北関東・秋の陣」、群馬・栃木で
北関東における溶接機材・産業機器の大規模展示即売会「ウェルディングフェスタ2013」が群馬(10月)、栃木(11月)の2県で相次いで開催される。「北関東・秋の陣」としてすっかり定着した両展示即売会には、それぞれ100社を超える出展メーカー、そして地元の有力溶材商社・機械工具商社が参画する。
特別企画2●日本溶接材料工業会創立40周年、「競争と強調」の伝統引き継ぐ
日本溶接材料工業会が9月12日、創立40周年を迎えた。同工業会は、会員である国内溶接材料メーカー17社のさらなる結束による工業会活動の発展を目指し、溶接材料に関する統計の整備および技術や品質の向上と普及、コンプライアンス(法令順守)の推進、環境課題への対応などに努めている。
特集●エッセンフェア2013、最先端の溶接技術が一堂に
世界最大規模の溶接関連展示会・第18回エッセンウエルディングフェア2013が9月21日までの6日間、独エッセン市で開かれた。世界40ヵ国約1017社が出展し、来場者数は前回並みの130ヵ国5万5000人となり、約半数が海外からの来場者になった。

TOP画面へ

お勧めの書籍