第3021号

13/10/01

●《トップニュース》
溶接機材購入に公的補助金/中小助成拡大で引き合い目立つ

溶接関連機材の購入に公的な補助金を充てるケースが増えている。経済産業省や財務省の平成25年度予算には、「中小企業の経営改善、事業再生のための施策」が数多く盛り込まれ、ものづくり補助金では製造業の設備投資に対して3分の2の補助がある。ただ、補助金に対する中小企業・小規模事業者の関心には濃淡があるようだ。
●大陽日酸、三菱ケミカルと資本・業務提携/三菱出資比率最大27%に
大陽日酸は三菱ケミカルホールディングスと資本業務提携契約を締結した。大陽日酸が実施する第三者割当増資に三菱ケミカルHDが応じ、出資比率を最大27%程度まで引き上げる。これにより両社は広範な分野で連携を強め、共同で内外サプライチェーンの構築・運営やグローバルマーケティング、ロジスティクス、研究開発などで協力する。
●アマダ、二本松市に新工場/BCP、復興支援の観点から立地決定
アマダは、板金加工用の自動化装置を製造する新工場を二本松市に建設する。同社松川工場(福島市)から約4キロの場所に構える。投資総額は35億円の予定。アマダの国内主力生産拠点が富士宮市と土岐市にあることから、BCP(事業継続計画)の観点からも東北に生産拠点が必要であると判断。東日本大震災復興支援なども考慮した。
特別企画●OWF、11月2・3日に熱い商戦/「信頼と絆」がテーマ
溶接・産業機械の展示即売会「2013大阪ウェルディングフェスタ(OWF)」が11月2・3日の両日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開かれる。同会場での開催が14回目となるOWFは「信頼と絆」をテーマに動員1万人以上が目標。主催者代表の座談会、展示会の見どころや注目製品などを紹介する。

TOP画面へ

お勧めの書籍