第3011号

13/07/16

●《トップニュース》
道路橋長寿命化、修繕実施率は15%/市区町村取り組みに遅れ

国土交通省は、地方公共団体が管理する道路橋の長寿命化に関する今年4月時点の状況を発表した。橋長15メートル以上の通行規制は前年同期に比べ2橋増え1381橋。114橋で解除する一方、老朽化・災害などで116橋増えた。修繕実施済みの橋梁数は前年同期に比べ60%増加したものの修繕実施率は15%にとどまる。
●技能五輪ライプチヒ大会、溶接7位でメダル逃す/韓国が前回に続く金
第42回技能五輪国際大会2013独ライプチヒ大会は、現地時間7月4日から7日までの4日間にわたり全46種目で競技が行われた。溶接に出場した長谷翔太選手(日立製作所電力システム社日立事業所)は7位(敢闘賞)に終わり、2大会連続でメダルに手が届かなかった。金メダルは2大会連続で韓国が獲得した。
●ヤマザキマザック、アセアン・南米で態勢強化/インドネシアに現法
ヤマザキマザックは、このほどインドネシアに現地法人を設立するとともに、ブラジルの販売・サポート拠点を移転・拡充した。高機能工作機械の需要拡大が見込めるインドネシアで取り組みを強化する一方、ブラジルでは最新テクノロジーの提供を高めニーズに応える。
企業特集●岩谷産業、液水第3の拠点/山口リキッドハイドロジェン始動
岩谷産業の国内3ヵ所目となる液化水素の製造工場が、このほど周南市に完成した。総合化学メーカー・トクヤマ(東京・千代田区)との共同出資会社・山口リキッドハイドロジェンが製造を手がけ、岩谷産業が全量を販売する。岩谷産業グループの液化水素製造工場は3ヵ所目。山口LHは主に中四国、九州地方へ向けた出荷拠点となる。

TOP画面へ

お勧めの書籍