第2993号

13/03/05

●《トップニュース》
12暦年高圧ガス保安法事故/13年ぶり減少も人為ミスは増加

経済産業省は12暦年の高圧ガス保安法関係事故統計(速報)をまとめた。昨年発生した高圧ガス事故は前年比15・5%減の889件となり、13年ぶりに前年比減少した。災害事故も同17・2%減の379件を示し3年ぶりに減少。喪失・盗難も同14・1%減の510件と、00年以降初めて減少した。
●国交省、道路点検の要項策定へ/市町村対象に12年度補正で着手
国土交通省は、2012年度内に橋梁、トンネル、舗装など主に市町村の道路施設に適用する総点検実施要領案をまとめる。落下、倒壊による第三者被害を防ぐ点検の実施にあたり、要領案では最低限必要となる点検内容、判定方法などを提示。市町村が総点検する際の参考資料として送付する。
特集1●需給バランス失調した炭酸ガス/原料ガス不足で重大局面へ
炭酸ガス市場では、原料ガス不足に端を発した需給バランス失調が増大し、今後重大局面を迎える可能性が高まっている。原料ガスを供給するプラントの操業停止や不安定化が高まっているためで、需要期の夏季は韓国からドライアイスを輸入して急場をしのぐ事態が常態化している。
特集2●品質・コストに直結する研削加工/最新イノベーションを探る
溶接後のビード取りや仕上げなどに使用される研削砥石や研磨布紙は、溶接作業者にとってなじみ深い工具の一つ。製品によってワークに押し当てた時の感触がそれぞれ違うため、職人のこだわりや感性で選択されることも多い。だが、最近は生産コスト削減に向けた動きが広がり、コストや性能を重視する傾向も強まっている。

TOP画面へ

お勧めの書籍