第2992号

13/02/26

●《トップニュース》
2014国際ウエルディングショー、来年4月開催へ始動/東西で説明会

来年4月23日から26日まで東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催する2014国際ウエルディングショー(JIWS)の企画説明会が2月21日東京、22日大阪で開かれた。「溶接が築く明日の世界ー未来を担う人と技術がここにあるー」をテーマに掲げた2014JIWSは、溶接ビジネス・プラットホームの確立を命題に設定した。
地域特集●北陸3県の景況診断/持ち直しから緩やかな回復へ
全国の2ー3%経済圏と言われる北陸3県は、建築鉄骨や建設機械をはじめ工作機械や板金、アルミ関連など幅広い産業構造を形成。主力の半導体・電子機器や建機の需要が低迷するとともに原子力発電所の操業停止に伴う定期修理・メンテナンス関連も停滞。溶接関連を取り巻く環境は厳しさが続くが、緩やかな回復への期待感も高まっている。
機械・工具ニュース●自動車整備の多彩な工具/様々な工程で活用
自動車整備工場では様々な工具が用いられており、ドライバーやペンチといった手動工具、ドリルなどの電動工具はもちろん、溶接作業ではマフラーの補修などにアーク溶接が使われ、ボディの補修ではスポット溶接が適用されている。タイヤのボルトを締め付けたり緩めるためのインパクトレンチなどもあり、作業効率化を実現している。
特集●自動車溶接技術の最新動向
2万点とも3万点とも言われる部品が使われている自動車産業。そこでは、アークや抵抗などの一般的な溶接法からレーザ、FSWといった先端技術に至るまで様々な溶接方法が使われている。本特集では、この自動車産業にスポットを当て、最近の溶接技術を紹介する。

TOP画面へ

お勧めの書籍