第2986号

13/01/15

●《トップニュース》
溶接界新春賀詞交歓会、盛大に華やかに/700人が景気回復願う

日本溶接協会(宮田隆司会長)と産報出版(馬場信社長)が主催する2013年溶接界新春賀詞交歓会が1月8日、東京・港区の東京プリンスホテルで盛大・華やかに開催された。円安、株高などで景気回復への期待が高まる中、産学官の溶接関係者多数が集まり新年の門出を祝した。
●経産省、12年度粗鋼生産微増と予想/1ー3月は4%の需要減
経済産業省は、このほど13年1ー3月(12年度第4四半期)の鋼材需要と12年度粗鋼生産の見通しをまとめた。それによると、今年度の粗鋼生産量は前年度比0・4%増の1億0685万4000トンとわずかながら前年度を上回る公算が強くなった。第4四半期鋼材需要は前年同期比4・3%減を予想する。
●大陽日酸、シベリアでヘリウム生産/ロシア企業と覚書締結
大陽日酸は、東シベリアで開発中の天然ガス田から算出するヘリウムについて、精製・液化などで協力する覚書を締結した。ヘリウム生産開始は2018年頃を予定するが産出見込み量は未定。引き取り割合についても今後協議する。日本の産業ガスメーカーが、ロシアのガス田産出のヘリウムについて権益を獲得するのは今回が初めて。
企業特集●創業90周年迎えた富士酸素工業/県内有数のディーラーに
静岡県の有力高圧ガス溶材商社・富士酸素工業(富士市、望月常樹社長)は昨年4月、記念すべき創業90周年を迎えるとともに今年は富士酸素工業に改組してから65周年という節目の年を迎えた。そこで今回、創業100周年に向け新たなスタートを切った同社の現在・過去・未来にスポットを当てた。
2013年展望と課題●ディーラーに聞く、今年の戦略
巴商会・深尾定男社長/日東工機・吉岡良三社長/鈴木商館・鈴木慶彦社長/ウエキコーポレーション・木本伊彦社長/フジオックス・藤本孝雄社長/東京山川産業・中尾孝司社長/丸由工材・澤田勇治郎社長/市村酸素・市村博社長/カミマル・田辺幸則社長/三五商店・三五章夫社長/サイサン・川本武彦社長/渡商会・河西哲男社長/岡谷酸素・羽場義人常務/十合刈谷酸素・上森康典社長/宇野酸素・小倉善興会長/マツモト産業・吉田充孝社長/サーンテック・財満正憲社長/アバンテ都島・澤田聡社長/ヤマザキ・松本稔社長/ネクスト・ワン・宇田川隆社長/水島酸素商会・山下英世会長/高山産業・新田徹常務/鹿児島酸素・山之氏秀行代表取締役
AKIBA発メイド溶接●ティグ溶接で一輪ざしに挑戦
クローズアップ●新事業の開拓急ぐ溶材商社
●現代の名工を訪ねて(下)
機械部品組立工・岩本重春さん(クボタ筑波工場)/鉄工製缶工・引地進さん(山九重機工)/ガス切断工・唐内伸治さん(神戸製鋼所高砂製作所)/自動車板金工・齋藤薫さん(マツダ)
13年展望●ファブ2団体トップインタビュー
鉄建協・川田忠裕会長/全構協・米森昭夫会長
●2013年・年頭所感
東海溶材・松下勝実社長/大陽日酸・田邉信司社長/山善・吉居亮社長/トラスコ中山・中山哲也社長/HPI・酒井信介会長

TOP画面へ

お勧めの書籍